アロエ・生理中・妊婦さん・服用を控えた方がいい

生理中や妊婦さんはアロエの服用を控えた方がいい理由とは?

生理中や妊婦さんはアロエの服用を控えた方がいいです。

 

理由はアロエに含まれる「アロイン」には子宮の充血を促す作用があるので、

 

生理中にアロエを摂取する事によって月経の量が増えたり生理の間隔が短くなったりする危険性があります。

 

さらに「アロイン」には子宮を収縮させる働きもあります。

 

つまり妊娠中にアロエを摂取する事で流産の危険性が高まる可能性があります。

 

よって生理中や妊娠中の女性は絶対に摂取しない方がいいと思います。

 

その他にもアロエは身体を冷やす働きもあるので、
冷え症でお悩みの方も出来れば服用しない方がいいと思います。

 

アロエは確かに‘医者要らず’とは言いますが、
色々な効果や効能がある分、生理中や妊婦さんの服用には注意が必要です。

 

よって普段からアロエを健康の為に服用している特に若い女性の方は逆に服用しない方がいいかもしれません。(将来の妊娠の準備に備えて。)
もちろんアロエを化粧水として皮膚に塗る程度は特に問題はないですが。