アロエ

アロエの驚くべき特徴とは?

アロエに関する驚くべき特徴などを述べていきますね。

 

アロエは「医者入らず」といわれるほど民間薬として日本では定着しています。

 

そしてその種類も全世界で300種類にも及ぶといわれています。

日本で一般的な種類としては「キダチアロエ」と呼ばれるものです。
キダチアロエは寒さにも強い点から、
日本の気候にも適しておりどこの家の庭で多くみられるやつです。

アロエの写真

そしてもう一つ有名なアロエの種類の一つに「アロエベラ」があります。
こちらはアメリカ産ですが、
葉が肉厚で薬効成分も多いのが特徴的です。
ただしアロエベラは寒さに弱いので日本では沖縄でしか育ちません。

アロエベラ

 

さらにアロエには様々な薬効成分が含まれているのですが、
その薬効成分に関しては未だ解明されていないなぞの部分も多いのが現状です。

 

ただアロエはそのエキスをつけたり飲んだりする事で、
人間が本来もっている治癒力を高めて、病気などの症状を改善するといった役割がある事がわかっています。

 

そしてなんといっても科学薬品とは違う自然界に存在する植物なので、
副作用がなくお子様からお年寄りまで安心してアロエを使用できる点も非常にありがたい事です。

その他アロエの特徴に、
エキスを皮膚につけたり服用したりすると浸透しやすいという点も特徴的です。

 

火傷や切り傷につけるとすぐに皮膚の深層までエキスが行き渡り血管の中にまで行き渡ります。
そしてアロエの有効成分が、皮膚の炎症や欠損部分を穏やかに修復してくれます。

 

火傷や切り傷やアカギレにアロエがよい
といわれているのもこういった理由があるからなのです。

 

またアロエエキスを内服すると、
すぐに胃腸の粘膜に吸収されて短時間で便秘や下痢に効果を発揮してくれます。

そんなアロエを是非とも私たちの生活の一部に取り入れて、美容や健康に役立たせていきたいものですね。

 

 

>>アロエの効果・効能についてはこちら